おばさんの「買い替え」ならこのお店!スプーンアルフ・プリョイセンが激安 2017年度

訳がやや古いかなと思うところもありましたが、それはそれで昔のコトバとして説明しながら読みました。最初の頃は生活に根ざした部分が多く!ピントこないことが結構あったのですが!続!続々とすすむにつれて!小さな子ども達や動物たちとのやりとりが増え!より普遍的になって来たので!時代差!文化差とか生活感の違いに関わらず!話がよりすんなりと楽しめるようになってきた気がします。子供が前作・前々作にはまったため!この本を購入しました。

いまオススメの商品!

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

スプーン おばさん アルフ・プリョイセンスプーンおばさんのゆかいな旅 [ アルフ・プリョイセン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

どうしても読みたいと言うので購入しました。「小さなスプーンおばさん」の続編で、娘が読みたいと言うので読み聞かせのために注文しました。小1の息子が大好きで、いつも寝る前に読んでいます。・・・旦那様って一体・・・と思う場面も少なくないですが(笑)題名通り、ゆかいな旅でした。冒険に次ぐ冒険で、本を読む楽しみを教えてくれる本です。シリーズであることをしり今回続編と続々編を購入しました。スプーンおばさんが前向きにユーモアたっぷりに困難を乗り越える様子が痛快です。自分が子どもの頃に読んだものをそのまま娘に読めるのはうれしいことです。純粋にスプーンおばさんの言い回しを楽しんでいます。スプーンおばさんの本をたまたま書店で購入。そして、他の本(ぼうけん、など)を読みたいと言っています。一生懸命読んでいました。。「ごしゅじん」は本当に素朴でちょっとおまぬけな印象ですが、読んでいるのが幼児なのでまだおもしろみがわかっていません。絵本では少し物足りなくなっているので長さといい、毒のない内容といい丁度いい感じです。少し読み聞かせをしました。息子が図書館でスプーンおばさんを何冊か読んだのですが、これだけ欠けていました。いつでもピンチをうまく切り抜けてしまうおばさんは相変わらず健在です。